AX

光沢苔癬|チんコ(ペニス・陰茎)にぶつぶつができた時の対処法

スポンサードリンク

光沢苔癬(こうたくたいせん)|チんコに出来た時のポイント

光沢苔癬(こうたくたいせん)はチんコ(ペニス・陰茎)に出来ることのあるぶつぶつです。

 

その特徴から尖圭コンジローマ性器ヘルペスなどの性病から、フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹と間違われることが良くあります。

 

「性行為もしてないのに急にできた!?」とビックリされる方も多く、パニックを引き起こしやすいものなので、その特徴と他の症状とを見比べて冷静に対処をしましょう。

 

光沢苔癬(こうたくたいせん)の特徴

光沢苔癬(こうたくたいせん)はチんコにぶつぶつができるほか、お腹や腕にできる可能性のあるものです。

 

このぶつぶつには特徴があるようで、まず女性にはあまりできません。

 

小さな子供や男性に出来やすいという特徴があります。

 

原因は不明

今のところ、どうしてできるのかははっきりわかっていません。

 

ホルモンの関係でできるんじゃないかと言われていますが、無害がゆえに原因の特定がしにくいようです。

 

ぶつぶつの色や症状

光沢苔癬はぶつぶつができるものです。

 

まず、そのぶつぶつは白っぽかったり、肌の色そのままだったり、肌の状態によっては赤っぽくもなります。

 

ぶつぶつができても、かゆみや痛みを感じず、また感染するものでもないので、フォアダイス・真珠様陰茎小丘疹タイソン線と特徴や症状がとてもよく似ているのです。

 

ですが、赤くもなるので、性病の可能性もあることから判別は早めにしておいたほうがいいでしょう。

 

見分けるポイントは光沢

他のチんコのぶつぶつととてもよく似ている症状なので、見分けるのが難しいのですが、1点特徴的なのは「光沢がある」ことです。

 

見て頂くのは注意して頂きたいのですが、光沢苔癬の方の写真です。
気分を害されるかもしれないので、自己責任でみてくださいね。

 

光沢苔癬1

光沢苔癬2

 

検査と治療

光沢苔癬になって、病院での検査は見て判断する方法が取られます。

 

見た目や症状から判断されますから、他の可能性のある症状を知っておくと自分でもかなり近い見分けができます。

 

治療は、この光沢苔癬、ぶつぶつが少なければ自然治癒の方向です。

 

ぶつぶつが多いと塗り薬を処方されるといった形になります。

 

チんコのぶつぶつの中でも比較的無害で治療も簡単なものなので安心して次の行動にうつりましょう。

関連ページ

尖圭コンジローマ
尖圭コンジローマは性行為で感染するウィルス性の性病です。他の人にうつるものなので、なるべく早く治療をおすすめします。ぶつぶつの特徴もフォアダイスにはないものがあり、治療方法も異なってきます。
真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)
真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)。は性病と間違われがちなものです。チんコのぶつぶつには性病のものとそうでないものがあります。性行為をしてないのにぶつぶつが出来ている方はこちらが当てはまるでしょう。
タイソン線・包皮線
チんコのぶつぶつが裏筋の亀頭と竿の間にできたら、それはタイソン線(包皮線)かもしれません。真珠様陰茎小丘疹、フォアダイス同様に性病ではありません。その詳細と治療法についてご説明します。
性器ヘルペス
性器ヘルペスはチんコに赤いぶつぶつが出たりなど、他のぶつぶつが発生するものと似た症状があります。医師の相談の前に、どんな特徴があるのか、写真で見た目を確かめながらチェックしておきましょう。
カンジダ症
カンジダ症はチんコにぶつぶつができたとしても性病ではありません。水虫と同じ真菌によるものなので、塗り薬などの治療薬で治すことができます。
脂漏性角化症
脂漏性角化症は、チんコの特に皮の辺りにできる良性腫瘍(イボ)です。無害で放置していても大丈夫ですが、治療するとなれば切除する方法があります。
かゆみについて
チんコにぶつぶつができて、それがかゆいと言ってもすぐに性病と判断してしまうのは早計です。性病である場合とそうでない場合があり、判断が難しいところです。その違いについてご説明します。
色について
チんコに赤いブツブツができたという方もおらっしゃると思います。その症状はいろんな原因によってなります。ぶつぶつの形や色、その他特徴によって判別をしましょう。
包皮炎について
チんコのぶつぶつのひとつの要因としてカンジダ病があります。それとセットで亀頭包皮炎というものもよく聞かれますが、その関係はどんなものなのでしょう。
陰嚢被角血管腫
金玉のぶつぶつや金玉袋の出血が気になるという方は陰嚢被角血管腫かもしれません。そちらの写真・画像を参考に原因や治療方をご紹介します。
陰部伝染性軟属腫
陰部伝染性軟属腫は一般的に水いぼと呼ばれるぶつぶつです。チんコにできることもあり、その特徴から他のぶつぶつと判別が難しい性病です。自然治癒する性病ですが、その詳細を画像・写真、治療方法を解説していきます。
陰茎硬化性リンパ管炎
陰茎硬化性リンパ管炎はぶつぶつというよりチんコにできる血管の腫れです。その症状の解説から、写真・画像を使用した判別ができるような情報を発信します。
尋常性疣贅
尋常性疣贅はチんコにできるウイルス性のイボです。他の性病と間違いやすく、特徴や画像などでしっかり判別することが重要です。
粉瘤・多発性粉瘤症
粉瘤(アテローム)は皮膚の内側にできるポコッとした脂肪の塊のようなものです。これがチんコにできたり、多発性粉瘤症としてぶつぶつに見えることがあります。その特徴と治療を見てみましょう。
ぶつぶつが皮にできた場合
チんコにぶつぶつが皮にできたというあなた!原因と治療法をご紹介しますよ。性病の場合と性病じゃない場合があります。いろいろな特徴や症状からなにが原因なのか確かめましょう。
カリ首にぶつぶつができた場合
カリ首にぶつぶつができたという方は何をすればいいのでしょうか?こちらではできた場所やぶつぶつの特徴から、その原因を絞って判断できるようにしています。詳細ページから画像・写真付きの解説もあるのでぜひご覧になってください。

トップページ ぶつぶつ治療 増大方法