AX

チんコの赤いぶつぶつ|かゆみや形は?

スポンサードリンク

チんコの赤いブツブツが気になる|不安を解消するために

チんコ赤いブツブツがあるという方。

 

見た目もよくないし、女性に見られてマイナスの印象を与えてしまったという方も少なからずいるのではないでしょうか?

 

ブツブツが出来てあんまりいいことはないと思います。


 

 

映画や漫画でやくざが自分のチんコに真珠を入れて、バイブのようにするといったものを見たことはありますが、一般女性からするとチんコは安心できるオーソドックスなものが良いでしょう。

 

もちろんブツブツのほうが好みという方もおられるかもしれませんし、自分がブツブツでそんな女性に出逢えたらそれはそれでひとつのサクセスストーリーとも言えます。

 

ですが、そのブツブツが性病であった場合、話はうまくいきませんね。

 

パートナーを傷つけてしまうことになります。

 

なので、チんコに赤いブツブツが出来て気になるという方は、せめてそれがどんなものかをきちんと把握しておきましょう。

 

赤いブツブツから考えられること

チんコに赤いブツブツができると言っても、実はいろんな要因があります。

 

性病やそうでないもの、かぶれのようなものなど様々です。

 

また特徴も様々です。

 

痛み、かゆみがあれば性病の疑いがありますし、ブツブツの形や色、またはそのブツブツの場所によっても判別ができます。

 

 

かゆみや痛みがある方はこちらのページから症状に近いものの目星をつけてみてください。
(参照:チんコのぶつぶつがかゆい|その症状と原因

 

今回は「チんコの赤いブツブツが気になる」ということで色にフォーカスを当ててみたいと思います。

 

個人の認識のよる問題

赤いブツブツと言っても、個人によってその色の表現の仕方は変わります。

 

青信号が、人によって「緑」と「青」に分かれるようなものです。

 

 

チんコの赤いブツブツについても同じことが言えます。

 

例えば、性病ではないとされる真珠様陰茎小丘疹・フォアダイスは一般的に白いブツブツができると言われていますが、「ややピンクがかっている」方もおられます。

 

ブツブツについて調べてみても、「赤い」とか「茶色」「褐色」などいろいろな表現があるので、色だけでこれと判断するのは難しいでしょう。

 

赤い場所について

場所についてもきちんとしておく必要があります。

 

ブツブツ自体が赤く、それ以外は普段通りの色なのか、それとも亀頭や竿の部分まで赤いのかなど特徴が変わってきます。

 

これらのことから、赤いブツブツの正体を探っていきます。

 

赤いブツブツの原因を特定しよう

チんコの赤いブツブツについていろんなチェックポイントがあることを説明させて頂きました。

 

では、実際に症状に当てはめていきましょう。

 

かゆみはない。ブツブツが赤い

ブツブツが赤く、かゆみがない。ほかにはブツブツが亀頭や竿、玉、肛門などのいろんな部分にできるという方は尖圭コンジローマが疑われます。

 

性行為によってうつり、潜伏機関がありますので、思い当たる節がなくても8か月くらい前のものが原因で発症したりします。

 

他にもブツブツの大きさがふぞろいで、数が増えていくなどの特徴もあります。

 

尖圭コンジローマの詳細はこちらから

治療方法はこちらから


 

かゆみがなく、色は白からピンク。特定の場所にできる

ブツブツが白から場所によってはピンク、亀頭のカリの部分に集中してできるというかたは真珠様陰茎小丘疹包皮腺(タイソン腺)が疑われます。

 

こちらは性病ではなく、体質によるものなので、放っておいてもいいのですが、イメージの問題から除去する方もおられます。

 

真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)の詳細はこちら

真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)の治療方法はこちらから

 

タイソン線・包皮線の詳細はこちら

タイソン線・包皮線の治療方法はこちらから


 

亀頭全体が赤い。水ぶくれのようなぶつぶつ

こちらは性器ヘルペスです。

 

ウイルス性の性病で、性行為から発症までがすぐです。

 

亀頭全体が赤くただれたようになり、水ぶくれのようなぶつぶつができます。

 

性器ヘルペスの詳細はこちら

性器ヘルペスの治療方法はこちらから


 

亀頭全体が赤い。白い垢が出る

こちらはカンジダ症です。

 

白い垢が出るというのがポイントです。

 

もし垢のようなものが出ないとすれば、亀頭包皮炎という性病ではなく、傷口から雑菌が入ってかぶれのようになった症状も疑われます。

 

カンジダ症の詳細はこちら

カンジダ症の治療方法はこちらから


 

 

 

関連ページ

尖圭コンジローマ
尖圭コンジローマは性行為で感染するウィルス性の性病です。他の人にうつるものなので、なるべく早く治療をおすすめします。ぶつぶつの特徴もフォアダイスにはないものがあり、治療方法も異なってきます。
真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)
真珠様陰茎小丘疹(フォアダイス)。は性病と間違われがちなものです。チんコのぶつぶつには性病のものとそうでないものがあります。性行為をしてないのにぶつぶつが出来ている方はこちらが当てはまるでしょう。
タイソン線・包皮線
チんコのぶつぶつが裏筋の亀頭と竿の間にできたら、それはタイソン線(包皮線)かもしれません。真珠様陰茎小丘疹、フォアダイス同様に性病ではありません。その詳細と治療法についてご説明します。
性器ヘルペス
性器ヘルペスはチんコに赤いぶつぶつが出たりなど、他のぶつぶつが発生するものと似た症状があります。医師の相談の前に、どんな特徴があるのか、写真で見た目を確かめながらチェックしておきましょう。
カンジダ症
カンジダ症はチんコにぶつぶつができたとしても性病ではありません。水虫と同じ真菌によるものなので、塗り薬などの治療薬で治すことができます。
脂漏性角化症
脂漏性角化症は、チんコの特に皮の辺りにできる良性腫瘍(イボ)です。無害で放置していても大丈夫ですが、治療するとなれば切除する方法があります。
かゆみについて
チんコにぶつぶつができて、それがかゆいと言ってもすぐに性病と判断してしまうのは早計です。性病である場合とそうでない場合があり、判断が難しいところです。その違いについてご説明します。
包皮炎について
チんコのぶつぶつのひとつの要因としてカンジダ病があります。それとセットで亀頭包皮炎というものもよく聞かれますが、その関係はどんなものなのでしょう。
光沢苔癬
光沢苔癬はチんコ(ペニス・陰茎)に出来る可能性のある無害なぶつぶつです。なので、尖圭コンジローマなどの性病に間違われますが、フォアダイスや真珠様陰茎小丘疹のような無害なものです。その解説をしていきます。
陰嚢被角血管腫
金玉のぶつぶつや金玉袋の出血が気になるという方は陰嚢被角血管腫かもしれません。そちらの写真・画像を参考に原因や治療方をご紹介します。
陰部伝染性軟属腫
陰部伝染性軟属腫は一般的に水いぼと呼ばれるぶつぶつです。チんコにできることもあり、その特徴から他のぶつぶつと判別が難しい性病です。自然治癒する性病ですが、その詳細を画像・写真、治療方法を解説していきます。
陰茎硬化性リンパ管炎
陰茎硬化性リンパ管炎はぶつぶつというよりチんコにできる血管の腫れです。その症状の解説から、写真・画像を使用した判別ができるような情報を発信します。
尋常性疣贅
尋常性疣贅はチんコにできるウイルス性のイボです。他の性病と間違いやすく、特徴や画像などでしっかり判別することが重要です。
粉瘤・多発性粉瘤症
粉瘤(アテローム)は皮膚の内側にできるポコッとした脂肪の塊のようなものです。これがチんコにできたり、多発性粉瘤症としてぶつぶつに見えることがあります。その特徴と治療を見てみましょう。
ぶつぶつが皮にできた場合
チんコにぶつぶつが皮にできたというあなた!原因と治療法をご紹介しますよ。性病の場合と性病じゃない場合があります。いろいろな特徴や症状からなにが原因なのか確かめましょう。
カリ首にぶつぶつができた場合
カリ首にぶつぶつができたという方は何をすればいいのでしょうか?こちらではできた場所やぶつぶつの特徴から、その原因を絞って判断できるようにしています。詳細ページから画像・写真付きの解説もあるのでぜひご覧になってください。

トップページ ぶつぶつ治療 増大方法