AX

尖圭コンジローマの治療費を安くしよう

スポンサードリンク

尖圭コンジローマの治療費・薬代を抑えよう

尖圭コンジローマ治療費は、その症状の規模や処置の仕方、または男女によっても変わってきます。

 

ただ、その中で薬代を工夫することで治療費自体をグッと抑えることもできます。

 

事情によって、親や彼女、彼氏、妻や夫に知られたくないという方もおられると思います。

 

そちらの方々にも有効な方法です。

 

尖圭コンジローマの治療費はどれくらいかかるの?

診察料 約1000〜3000円
検査料 約700円
薬代 約1500円

 

 

性行為で感染し、陰部にぶつぶつなどの症状が現れる性病「尖圭コンジローマ」。

 

男女ともにかゆみや痛みはありませんが、見た目の問題から治したいという要望の強い病気です。

 

放置しておいて、周囲にばれた時を考えると大変なことになりますからね。

 

尖圭コンジローマの詳しい説明と治療方法についてはこちらから確認してください。

 

尖圭コンジローマの詳細・治療法はこちら

 

ここでは、その治療費にスポットを当てて解説をしていきます。

 

おおよその治療費

尖圭コンジローマを治そうと思った時、一番確実なのは病院に通う方法です。

 

こちらでは診察、検査、治療という順序で進行し、治療に関しては塗り薬での治療と、イボが気になるということであれば切除の手術があります。

 

手術に関してはこちらの費用を参考にします。

 

おとなの医学 尖圭コンジローマ

 

繰り返しになりますが、この手術は規模や処置によって変わってきます。
最安でこの値段と考えたほうがいいでしょう。

 

これに加えて、診察代や検査代が通院の回数ごとにかかってきます

 

男性の場合でも1万円以上、女性の場合は症状によって数十万かかったという事実もあります。

 

プラス薬代のベルセナクリームが必要となります。

 

これだけ見ると、ベルセナクリームの負担は大きくありませんが、これは1週間分の値段です。

 

診察料と検査料を考えると決して安い金額とは言えないでしょう。

 

自宅で購入できる尖圭コンジローマ治療薬|アルダラクリーム

尖圭コンジローマを治療する際に人気なのは薬での治療。

 

手術は何かと大変ですからね!

 

しかし、尖圭コンジローマに有効なイミキモド配合の治療薬は市販では販売されておらず、病院でしか購入できません。

 

となると、やはり診察料と検査料と時間を毎回必要とするのでしょうか?

 

そんなことはありません!まずは、実際にどれくらいかかってくるのか見てみましょう。

 

尖圭コンジローマの治療費をだいたい試算

診察料 約1000〜3000円
検査料 約700円
薬代 約1500円

 

こちらを参考にして、尖圭コンジローマが薬によってぶつぶつが減ると言われる1か月で計算してみまょう。

 

診察料 ・週1×4 約1000〜3000円×4=4000〜12000円
検査料 ・週1×4 約700円×4=2800円
薬代 ・週1×4 約1500円×4=6000円

 

必ずこれだけかかってくるとは言えませんが、規模の大小や再発のことを考えるとこれくらいを考えておいてもよいでしょう。

 

合計 約12800〜20800円
手術代 男性約3500円 女性7000円
男女別 男性16300円〜 女性19800円〜

 

おそらく最安級で約12800円手術込の最安級で男性で16300円女性で19800円という計算になりました。

 

このお値段、決して安いとは言えません。

 

でも、それを安くする方法はあります。

 

それは治療薬を自分で輸入する購入方法です。

 

尖圭コンジローマ治療薬|アルダラクリーム(ジェネリック)

 

アルダラクリームを使った際の試算

尖圭コンジローマの治療薬はイミキモド配合のものになりますが、こちらのアルダラクリームはイミキモド配合で通販で購入できる商品です。

 

この場合、治療費はどうなのでしょう?

 

アルダラクリーム 6000円台〜

 

もし、アルダラクリームを使って、病院に行かず、1か月治療するなら約6000円となります。

 

なので、病院に行った際の診察料や検査料がなくなり、およそ2分の1から3分の1程度の治療費になります。

 

再発のリスク

尖圭コンジローマは一度治っても、ウイルスの活動によってまたぶつぶつが出てくる場合があります。

 

そうなると上のお値段をまた支払うことになるかもしれません。

 

なので、薬を予備として持っておくことをオススメします。

 

その点でもアルダラクリームを持っておくことは大きな安心にもなります。

 

最後に

このようにアルダラクリームを使えば、治療費をグッと抑えることができます。

 

常備薬として持っておくことも重要ですから、ご活用ください。

 

ただ注意点として、病院での診察を否定しているわけでは決してありません。

 

別がつかなかったりする場合などを含め、一度は医師の診察を受けて頂きたく思っております。

 

それを含め、医師とアルダラクリームの両方を賢くご活用いただくのがベストの方法だと思い、結論とさせていただきます。

 

合わせて読まれている記事

関連ページ

アルダラクリーム
尖圭コンジローマの治療薬アルダラクリームとそのジェネリック医薬品は世界的にも有名な医薬品。日本でも同成分のベセルナクリームが病院で購入できます。
東京ノーストクリニック
真珠様陰茎小丘疹・フォアダイス・タイソン線は性病ではなく、無害なチんコのぶつぶつです。ただ治療に関してはちょっとめんどうで簡単な手術が必要です。安心して、治療をするためにはどのような点に気をつければいいのでしょうか?
ラシミールクリーム
ラシミールクリームは塩酸テルビナフィン配合のカンジダ症・爪水虫治療薬。病院で処方される陰部にも使用できるクリームです。
ニゾラルクリーム
カンジダ症の治療薬ニゾラルクリームは、真菌の殺菌効果があるケトコナゾール配合の塗り薬です。カンジダ症は性病ではないため、ウィルスの増殖を抑える抗生物質では効果がありません。症状の重い方はケトコナゾールの飲み薬もあります。ジェネリック医薬品は価格面でもおすすめです。
ゾビラックスクリーム
ゾビラックスクリームはチんコのぶつぶつになる性病のひとつ性器ヘルペスに効果的なクリームです。その他ヘルペスにも使えますので、重宝しますよ。市販の薬よりも安く購入できる商品もあります。
バルトレックス
バルトレックスは性器ヘルペスだけでなく、ヘルペス全般や帯状疱疹、メニエール病にも有効な治療薬です。処方を受けて購入すると高いことで評判なので、個人輸入がオススメ。
ジェネリックゾビラックスクリーム
ジェネリックゾビラックスクリームは性器ヘルペスだけでなく、ヘルペス全般に使用できるオールラウンダー医薬品です。量が多く、それでいて安いというまさに継続使用のためにあるような医薬品。
ゾビラックス錠
ゾビラックス錠は飲むタイプの性器ヘルペスの治療薬です。性器ヘルペスはぶつぶつができた時だけでなく、再発予防も必要です。なので、アシクロビルはその再発予防の治療薬として使用されるので、安く購入したいニーズが高い商品です。通院での購入に不満の方はぜひこちらから。
ゾビコン
ゾビコンはヘルペスの治療薬、再発予防薬にも処方されるゾビラックス錠のジェネリック医薬品です。ヘルペスの治療にお金がかかって大変という方にオススメです。
アルダラクリームとジェネリックのコスパ
尖圭コンジローマの治療薬であるアルダラクリーム。病院で処方してもらうベルセナクリームより安く、購入ができます。そのジェネリックタイプもあるのですが、どちらがお得なのでしょうか?
性器ヘルペス再発予防
性器ヘルペスはチんコにぶつぶつができるだけでなく、再発しやすく、感染しやすいという特徴があります。なので、なるべく再発予防をしながら日々を過ごす必要が出てきます。その予防法と治療薬を安く購入できる方法をご紹介します。
性器ヘルペスの治療費
男性の性器・精器ヘルペスの治療費はどれくらいなのでしょうか?またその治療費や薬代をなるべく安くする方法をご紹介します。再発予防にも高価な性器・精器ヘルペスのお得な治療方法を試算してみました。
カンジダ症の治療費
カンジダ症はチんコにできたらまず病院。今まではそうでしたが、今では自宅で治療ができます。しかも病院よりも治療費が安く済む場合があります。カンジダ症の治療費をシミュレーションしてみました。

トップページ ぶつぶつ治療 増大方法