AX

性器・精器ヘルペスをお得に治療|男性・女性の再発予防も

スポンサードリンク

性器・精器ヘルペスの治療費を試算

性器・精器ヘルペスは男性・女性問わず多くの人が感染する可能性のある性病です。

 

ここでは男性の性器ヘルペスにフォーカスを当てて解説してきました。

 

性器ヘルペスの詳細

 

性器ヘルペスは男性に発症した場合、チんコにできるぶつぶつの特徴やその他症状で判別のしにくいものでした。

 

なので、判断に困ったときは病院での診察を受けるという選択をした方も多いでしょう。

 

そこで次に気になってくるのが治療費です!

 

こちらのページでは、病院に行った際にかかる治療費をシミュレーションして、どれくらいの費用がかかるのか試算をしてみました

 

さらに、結論から言いますが、性器ヘルペスの治療や再発予防にはかなりお金がかかってきます

 

ですので、より安くお得に治療できる方法をご紹介します。

 

性器ヘルペスの治療費を試算

さて、さっそく性器ヘルペスの治療費を見ていきましょう。

 

参考にしたのはこちらのサイト:STD研究所

 

STD研究所のサイトの価格は保険適用外の価格です。

 

また、この価格も性器ヘルペスの規模や処置の仕方によって変わってきますので、だいたいこれぐらいというで参考にしてみてください。

 

保険適用の価格
診察料 1000〜2000円
検査料 700〜3300円
薬代 1000円

 

保険を適用した場合このような値段になるので、合計は約2700〜5800円くらいになります。

 

いかがでしょう?思ったより高くないというのが印象ではないでしょうか?

 

性器ヘルペスの場合、症状が軽いなら少ない回数の通院で大丈夫です。

 

2回目からの通院は検査をしないで様子を見るだけということもあるので、もう少し安くなると考えていいでしょう。

 

再発予防

「性器ヘルペス治療は高い!」と言っていたのに、ちょっと肩すかしをくらった感じでしょうか?

 

ですが、性器ヘルペスのやっかいなところを考えると治療費はこれだけで終了とはいきません。

 

性器ヘルペスは再発しやすい

性器ヘルペスの特徴として、疲労やストレスで再発しやすいというものがありました。

 

さらに、症状がおさまっても完治することができず、他の人に感染させてしまうリスクと向き合い続けなければいけません。

 

なので、再発のたびに通院をしていると治療費がトータルで高額になってくるのです。

 

再発予防治療

では、再発するたびに病院へ行かなければいけないのでしょうか?

 

それは違います。

 

性器ヘルペスの再発を予防するための治療があり、それをするとリスクをかなり抑えることができます。

 

しかし、それが結構高いんです。

 

価格を見てみましょう。

 

参考サイト:おとなの医学

 

性器ヘルペスの再発治療はバラシクロビルを1年間飲むというものです。

 

その薬代、1か月約5000円

 

それに通院の手間と診察料がかかってくるのでもっと費用がかかるでしょう。

 

これはちょっと痛手かも・・・。お値段によって再発治療を断念する方もおられるかもしれません。

 

その価格をちょっとでも安くできなのでしょうか?

 

性器ヘルペス治療・再発予防薬バラシクロビルを自分で購入する

こちらのサイトでは性器ヘルペスの治療薬を自宅にいながら購入できる個人輸入通販の方法をご紹介しています。

 

なので、性器ヘルペスの治療薬、ゾビラックスクリームジェネリックゾビラックスクリーム、錠剤のゾビラックス錠・ジェネリック医薬品のゾビコン、それから効果が高いとされるバラシクロビル配合のバルトレックスもあります。

 

特に効果が高く、コスパの良いバルトレックスの場合、通院して病院で購入するよりもグッと費用を抑えられます。

 

バルトレックス|性器ヘルペスの不安解消治療薬

 

その試算をしてみましょう。

 

バラシクロビルの試算

病院で購入した場合の薬代 1か月約5000円
こちらのサイトのバルトレックス 42錠(約42日分)約9000円

 

このようにちょっと割高になってしまいますが、それで判断するのは早計です。

 

性器ヘルペスの再発予防は1年間飲み続けるというものでした。

 

そしてこちらのサイトからはまとめ買いでかなりお得になります。

 

90日分、約3か月の費用で試算をしてみましょう。

 

バラシクロビルの3か月の試算

病院で購入した場合の薬代 1か月×3=約15000円
こちらのサイトのバルトレックス 42錠×2セット=14000円台

 

このように価格が逆転しました。

 

1年ですから、これの4倍の差がついてきます。

 

加えて、病院だと診察料もろもろがかかってくると考えればもっと差が広がります。

 

さらにこちらのサイトからはバルトレックスのジェネリック医薬品もありますので、まとめ買いでもっともっとお得に再発予防ができるんです。

 

もちろん、医師の診察を一度は受けることをオススメしますし、規模や処置の方法でこの試算のようにはいかないかもしれません。

 

ですが、個人輸入通販を賢く活用することで、治療薬・再発予防薬・常備薬として性器ヘルペスの心配を大きく減らしてくれます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

関連ページ

アルダラクリーム
尖圭コンジローマの治療薬アルダラクリームとそのジェネリック医薬品は世界的にも有名な医薬品。日本でも同成分のベセルナクリームが病院で購入できます。
東京ノーストクリニック
真珠様陰茎小丘疹・フォアダイス・タイソン線は性病ではなく、無害なチんコのぶつぶつです。ただ治療に関してはちょっとめんどうで簡単な手術が必要です。安心して、治療をするためにはどのような点に気をつければいいのでしょうか?
ラシミールクリーム
ラシミールクリームは塩酸テルビナフィン配合のカンジダ症・爪水虫治療薬。病院で処方される陰部にも使用できるクリームです。
ニゾラルクリーム
カンジダ症の治療薬ニゾラルクリームは、真菌の殺菌効果があるケトコナゾール配合の塗り薬です。カンジダ症は性病ではないため、ウィルスの増殖を抑える抗生物質では効果がありません。症状の重い方はケトコナゾールの飲み薬もあります。ジェネリック医薬品は価格面でもおすすめです。
ゾビラックスクリーム
ゾビラックスクリームはチんコのぶつぶつになる性病のひとつ性器ヘルペスに効果的なクリームです。その他ヘルペスにも使えますので、重宝しますよ。市販の薬よりも安く購入できる商品もあります。
バルトレックス
バルトレックスは性器ヘルペスだけでなく、ヘルペス全般や帯状疱疹、メニエール病にも有効な治療薬です。処方を受けて購入すると高いことで評判なので、個人輸入がオススメ。
ジェネリックゾビラックスクリーム
ジェネリックゾビラックスクリームは性器ヘルペスだけでなく、ヘルペス全般に使用できるオールラウンダー医薬品です。量が多く、それでいて安いというまさに継続使用のためにあるような医薬品。
ゾビラックス錠
ゾビラックス錠は飲むタイプの性器ヘルペスの治療薬です。性器ヘルペスはぶつぶつができた時だけでなく、再発予防も必要です。なので、アシクロビルはその再発予防の治療薬として使用されるので、安く購入したいニーズが高い商品です。通院での購入に不満の方はぜひこちらから。
ゾビコン
ゾビコンはヘルペスの治療薬、再発予防薬にも処方されるゾビラックス錠のジェネリック医薬品です。ヘルペスの治療にお金がかかって大変という方にオススメです。
アルダラクリームとジェネリックのコスパ
尖圭コンジローマの治療薬であるアルダラクリーム。病院で処方してもらうベルセナクリームより安く、購入ができます。そのジェネリックタイプもあるのですが、どちらがお得なのでしょうか?
性器ヘルペス再発予防
性器ヘルペスはチんコにぶつぶつができるだけでなく、再発しやすく、感染しやすいという特徴があります。なので、なるべく再発予防をしながら日々を過ごす必要が出てきます。その予防法と治療薬を安く購入できる方法をご紹介します。
尖圭コンジローマの治療費
尖圭コンジローマの治療費はどれくらいかかるのでしょう。症状の規模や処置の仕方、男女によって変わってきますが、薬代に限ってはグッとお得にする方法がありますよ。ベルセナクリームを使っているという方も必見。
カンジダ症の治療費
カンジダ症はチんコにできたらまず病院。今まではそうでしたが、今では自宅で治療ができます。しかも病院よりも治療費が安く済む場合があります。カンジダ症の治療費をシミュレーションしてみました。

トップページ ぶつぶつ治療 増大方法